着圧レギンス効果で目指せ美脚!

着圧ソックスの特徴、メリット、デメリットについて

着圧ソックスとは足に一定の力を加えることにより足回りを引き締める効果のあるソックスで主に立ち仕事、デスクワークなど長時間同じ姿勢で仕事をしている人が使用することにより、足のむくみが起きる問題を防ぐ効果があります。

この効果ですが、足の筋肉は血液を循環させるポンプの役割を持っており、長時間同じ姿勢でいるとそのポンプの動きが鈍り加圧してあげないと十分な血液を循環させることができないために起きる問題です。

ですから加圧することが出来る着圧ソックスを使用することで解消をすることが出来ます。

ですがこの着圧ソックスにはメリットだけではなくデメリットも存在します。

まずメリットを紹介しますと、先ほど申し上げた血流を改善する効果があることと、血流が改善する影響で冷え性も改善することが出来ます。

圧をかけますので足全体が細く見えることもメリットです。

そしてデメリットはぴったりフィットして圧をかけているわけですので脱ぎ難い点がデメリットです。

他にはダイエット目的で使用するソックスではなく一時的に足を細くするためのソックスですので長時間使用したからといって足自体が痩せるわけでは無いのでダイエット効果自体は無いに等しいです。

何故か圧力を掛けるという事で痩せると勘違いしている方がいたり、痩せると紹介している人がいますが現実的に考えると圧力をかけただけでは痩せる事は無く、運動などをしてカロリーを消費させるか、食べる量などを減らさない限りは痩せる事はありません。

後、最大のネックになる部分は価格が高いことと消耗品ですので消耗して劣化していくことです。

圧力をかけることで足を細くしたり、冷え性を解消したりする効果のある着圧ソックスですが、圧がなくなればただのソックスでしかありません。

常日頃足に履くソックスになりますので履き続ければ伸びたり、劣化して穴が開いたりもします。

劣化した状態の着圧ソックスでは十分に足に圧をかけることができず、本来あるべきの機能を十分に発揮しない製品になってしまいますので何着か用意して交換しながら使用するしかないのですが普通のソックスとは違いコストがかかる点が最大のネックです。

ただし、足を細く見せたりその他の機能を有していますので普通のソックスと比べた場合、機能面については優秀であり、価格を除けば優秀な製品であるといえます。

以上が着圧ソックスの特徴、メリット、デメリットになりますが、製品の特徴、メリット、デメリットを理解した上で使用することがベストです。